リフォームについての基礎知識とリフォーム業者の選び方

>

リフォームに関する失敗例とその対策~何を見れば良いのか~

リフォームの際の失敗例

満足のいくリフォームだったかというのは、そのとき仕上がりだけでは判断できません。
例えば、外壁を塗り直してもらったりしたとき、一見キレイに見えても、一年経たずして汚れやハガレが目立つようになってしまった場合です。
目先の費用のみで考えるのではなく、何十年と住んでいく家ですから、多少高い金額ならば、それに見合ったサービスを受けることが結果的に得策です。

また、大手だから、といって安心できるわけではありません。
リフォームに重要なのは、施工内容だけでなく、そうした事項を検討する際の担当者の良心です。
見積書や施工内容についての不明点について質問しても、あいまいな返事が返ってくるようであれば、安心してリフォームを依頼できませんよね。
リフォーム業者をはじめから一つに絞るのではなく、いくつかピックアップした上で、セカンドオピニオンを設けて入念な相談をすると良いでしょう。

失敗しないために検討すべき事項

仕上がりについての不満は、施工前の入念な相談。
不十分な説明に対しては、セカンドオピニオンを設ける。
それ以外にも、リフォームに失敗しないために、施行前にできることはあります。

リフォームは業者選びから始まっています。
そのため、業者を選ぶためには自身に様々な選択肢を用意するべきです。
インターネット、チラシなど、情報ツールを活用して、どのようなリフォーム業者がいて、得意分野が何なのかを把握しましょう。

値下げを謳い文句にしている業者にも、注意を払うべきです。
なぜ安くなったかを具体的に考えることで、施工前の相談の際に突っ込んだ質問ができ、業者選びの判断材料となります。
特に大幅な値下げの際には、リフォームの際に用いる資材が安くなっていることを疑いましょう。

リフォームは、今後何十年と住んでいく家を一新することです。
検討しすぎてもしすぎることはないため、リスクを回避し、リフォームできれいな家にしましょう!


この記事をシェアする