リフォームについての基礎知識とリフォーム業者の選び方

>

リフォーム業者の選び方

沢山あるリフォーム業者、何を見たら良い?

リフォーム業者は様々で、会社の得意分野や過去の実績などを鑑みると可能性は広いです。
特に得意分野については、一戸建てやマンションなど居住形態に起因するもの、大規模または小規模でもキッチン等専門に特化した規模に起因するものなど様々です。
では、一体どのような基準でリフォーム業者を選んだら良いのでしょうか。

まずは、具体的にどのようにリフォームしたいかの検討が済んだら、自分の依頼内容と照らし合わせてリフォーム業者の得意分野と合致するかを調べます。
また、過去の施工案件についてもどのような工事を行ったかについて調べる必要があります。
そこを入念に検討することが、後々の仕上がりに大きく影響します。

また、事業者団体への加盟や建設業許可の登録状況についても、ホームページ等で調べるべきです。
大手リフォーム業者についてはこの点について心配はありませんが、比較的新しい会社についてはここを特に検討するべきです。

見積りの際は細心の注意を払って

リフォームに掛かる費用は、場所をはじめとして築年数や土台の強度等により様々です。
商品のように定価は存在せず、更に施工を開始してからでないと気付かない問題も存在しているため、あくまで見積りは概算であることを頭に入れておくべきです。

リフォームの見積りでは、日付や押印、詳細な施工内容、諸経費や税金等を含めた総額について入念なチェックが必要です。
見積りを出すのは一回とは限らず、そうした場合に古いものと新しいものの区別が必要になります。
施工内容についても、自身の希望が反映されているかを事前にチェックしましょう。
細かい内容について触れられていない場合には、別途相談して細かい内容を明示してもらいましょう。
金額についても、費用の明細について不明な点があれば担当者に質問し疑問点を解消しておきましょう。


この記事をシェアする